2010年08月06日

adwords で売上げ大幅アップのコツ

お願いします♪いいねとかつぶやいたりして下さい
 
adwordsの設定が異常に難しい。
普通にやっていてもやり方がわからず、費用ばかりかかってしまいがちなので
復習ついてでにまとめてみる。

自動プレースメントと、手動プレースメント。
広告配信先を自分出決められるのは手動プレースメント。

この場合、キーワードは全く関係無く、広告単価のみで掲載される、されないが決まってくる。

除外キーワードの設定やコンテンツマッチの売れてるサイトをみることもできる。
(コンバージョン率)

広告にキーワードを挿入すると、良いことだらけなので必ずやる
完全一致と部分一致は、完全一致を出来るだけ細かく指定して、成果が出てきたらその人気のキーワードで部分一致を確かめる。

成果が上がるようであれば、部分一致も有効にすれば良い。

品質スコアはいかにクリックされる広告を作るか?が大切。

クリック率が6割
関連性が3割
ランディングページが1割



コンバージョン率は関係ない。

またランディングページの重さは気にしなくていい。
ライバルサイトからキーワードを盗め

コンテンツマッチ広告の広告配信先をチェックする
コンテンツマッチと、検索ネットワークはコストパフォーマンスは変わらない。
試してみた結果、うまく設定すればコンテンツマッチの方がコストパフォーマンスは高い。

検索ネットワークは値段が高い。
コンテンツマッチは値段が安い。コンテンツマッチの価格は検索ネットワークの50パーセントくらいにするのが良い。

また、検索ネットワークとコンテンツマッチはキャンペーンで分ける。

コンテンツマッチはビッグワードを使ってもいいが、10くらいにした方が良い。

また、バナーイメージ広告は使ったほうが良い。
コンテンツネットワークのプレースメントを狙え
コンテンツネットワークに競合店がいれば、狙い目。

グーグルスラップにあったらランディングページを作りなおし、ドメインを再度取得しなおしたほうが得策。
復活は、まず期待出来ない。

アドワーズとアナリティクスのコンバージョン解析は、それぞれ別々で設定すべき。
アドワーズは どの広告が効果があったのか
を計測するものであり
アナリティクスはサイト構造について解析するものであるため。
その分野の本の題名と作者名などの組み合わせは、穴場のキーワードの可能性が高い。

keyword list generator を使う複合キーワードを簡単に作れる
関連するタグ: adwords
あなたにとって有用な記事でしたか?是非ブックマークしておくことをおすすめします。
 




ライブラリを配布しちゃったり
webデザイン
Fireworks
HTMLコーディング
CSS
Dreamweaver
携帯サイト
webプログラム
PHP
正規表現
cakephp
MYSQL
javascript
webマーケティング
adwords
analytics
windows7
ショートカットキー
おすすめ情報
サイト
facebook
ライブラリ
配布
アプリ
iphone
ipad
サーバー
さくらサーバー
全ての記事を読む




トップ - 最新の記事一覧 - お問い合わせ