2010年09月06日

メールトリガー

お願いします♪いいねとかつぶやいたりして下さい
 
以下の記事はわかりづらいので

http://www.hideblog.net/nikkis/show/212/

をご覧下さい



メールフィルターを作る


さくらサーバーを使っていて、携帯サイトを作るサイトに必須なメールトリガーでプログラムを動かす。ただ、やり方を忘れちゃったので、以下にまとめる。



[ 使い方 ]
1 トリガーとしたいメールアドレスを作成 t@mntra.net

さくらサーバーの場合は、
空メール専用のユーザーをドメイン毎に作る必要がある。
ユーザー caba-ageha-triger を作り、
空メール用アドレス mailtriger@caba-ageha.com

で、さくらのwebメールでちゃんと届くかテスト
https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/?webmail=1

ユーザーは caba-ageha-triger@hide...sakura.ne.jp でログインする。

FTPソフトのパスを変更してログインする。
じゃないと /www/MailBox/フォルダが見れない

2 .mailfilter の作成
/www/Mailbox/ 以下の caba-ageha-triger フォルダ内の mailfilter を 以下に変更
to "| /usr/local/bin/php /home/hideking3/www/mntra/app/webroot/cron/mailparse.php"

「.mailfilter」ファイルのファイル属性を「600」にする。

3 メールが来たときに動かす mailparse.php を作成
/www/mntra/app/webroot/cron/mailparse.php

この2行を書き込む
$_GET['url'] = "/user/parses/getmail/";//動かしたいプログラムを指定
require_once( dirname( dirname(__FILE__) ) . "/index.php" );

4 このphpの getmail が動作する

gmailを使用


mailtriger@gmail.com でログイン

設定 > フィルタ > 新しいフィルタを作成 > あて先 to のところに +mn@ を入れる
(mn というのはサイト判別 prefix)
で、転送先を自動メールに t@mntra.net を入れる。
で、t@mntra.net で受信したメアドの to の部分を解析し、処理する

なのでいちいち新しいgmailアカウントを取得しなくても、 mailtriger@gmail.com だけでいける。

これをやることによって
mailtriger+mn---new0@gmail.com

にメールがきたら
mailparse.php を動かし、そのmailparse.phpには

mailtriger サイトprefix(mn) 処理モード(new0)@gmail.com という並び順にしておけば
サイトがどれだけ増えたとしても

一つのプログラム内で
この mn と new0 で処理を変更すれば
メール送信先を

mailtriger+mn---new0@gmail.com => 副業 新規会員登録
mailtriger+seo---new0@gmail.com => SEOサイト 新規会員登録
mailtriger+mn---up0@gmail.com => 副業 写真アップロード

などと変更することができる。
関連するタグ: さくらサーバー
あなたにとって有用な記事でしたか?是非ブックマークしておくことをおすすめします。
 




ライブラリを配布しちゃったり
webデザイン
Fireworks
HTMLコーディング
CSS
Dreamweaver
携帯サイト
webプログラム
PHP
正規表現
cakephp
MYSQL
javascript
webマーケティング
adwords
analytics
windows7
ショートカットキー
おすすめ情報
サイト
facebook
ライブラリ
配布
アプリ
iphone
ipad
サーバー
さくらサーバー
全ての記事を読む




トップ - 最新の記事一覧 - お問い合わせ